性転換に関する情報が満載!

男性が女性になる性転換について

身体の性別を変えるために、性転換手術を行う場合がありますが、男性が女性になるには外見的な手術を行う必要があります。
具体的には、骨格や内臓器官などは男性のまま、生殖部分の手術をすることになります。
ただし、実際に性転換手術に至るまでには、ホルモン治療を行うことが前提となる場合があります。
これは、手術後に身体の不調を避けるために行う重要な治療と言えますので、必ず事前にホルモン治療を受けることが大切です。
手術前のこのような治療だけではなく、男性から女性になる場合は、医師によるカウンセリングを受けることも大切です。
なぜなら、性転換手術をしてしまった後は、もう元には戻りませんので、後になって失敗したということのないようにするためには、本当に手術をしていいのかどうかを自分自身で考えるためにも、カウンセリングは有効だからです。
性転換手術を行いますと、生殖器がこれまでとは違うわけですから、排尿などにも支障を来たさないためにも、手術後の身体の変化や不調などに気をつける必要が出てきます。
そのためには、あらかじめ、どのような手術を行うのかの説明を聞いておくことも大切です。
このように、ホルモン治療を受けてからの手術が前提となります。

女性が男性になる性転換について

最近では、日本でも性転換をタブー視する人が少なくなり、性転換を公表する人が増えています。
男性から女性になるための手術については、テレビや雑誌などで取り上げられることが多いです。
しかし、女性から男性になるための手術については、あまり知られていません。
女性が男性になるためには、まず、乳腺組織を摘出します。
男性のような胸板を作るために、中の乳腺組織を摘出するのです。
切開した手術跡は、徐々に目立たなくなります。
この手術は、約2時間程度で終わります。
手術が終わった後、1週間から2週間して抜糸を行います。
子宮、卵巣、卵管の摘出も行います。
男性になるためには、これらの器官を取り除く必要があるのです。
卵巣には、ホルモンを分泌する重要な役目があります。
そのため、手術後はホルモンの投与を行う必要があります。
尿道管の位置を変える手術と、膣を閉じる手術も重要です。
男性の尿道は前にあるので、尿道の位置を変えるのです。
膣の内壁の組織を使って、膀胱から新しい尿道管を作ります。
尿道を延長して膣組織の除去を行い、膣を完全に閉じてしまいます。
この手術を行うことで、陰茎がなくても立って排尿することが可能となります。
手術後は、回復するまでに2週間から3週間ほどかかります。


recommend


成田空港の駐車場をお得に利用できます


成田空港の駐車場を活用しましょう






2020/4/23 更新