性転換に関する情報が満載!

性転換は日本で受けらる?

性転換手術は、日本でも受けることができます。
ただし、そのためにはいくつかの条件を満たしていなければなりません。
病院によって多少の差はありますが、おおよそ以下のとおりです。
「1年以上は新しい性で生活している」。
仕事の都合などで難しい場合は、新しい性の容姿でカウンセリングを受ければOKになることもあります。
「2年以上、今の性に違和感がある」。
2年というと長く感じられますが、性同一性障害の人は物心がついた頃から違和感があるケースがほとんどです。
「セラピストもしくは精神科医の推薦がある」。
施術する医師に推薦状を渡す必要があるので、かかりつけの医師に相談してください。
「精神疾患を患っていない」。
精神疾患による異装趣味などの場合は、認められません。
「HIVに感染していない」。
感染している場合はまず手術は無理なので、事前に検査を受けてください。
このように多くの条件がありますが、これらを満たしていれば、性転換手術を受けることができます。

海外と日本の性転換手術の違い

性転換手術は、日本でも海外でも受けることができますが、それぞれ以下のような特徴があります。
まず、日本の場合。
「母国語が同じ」。
医師も日本人なので、意思の疎通が円滑に行えます。
「スケジュールの調節が容易」。
仕事の都合などで長期に休めない場合でも、術後は通院するという形にすることができます。
アフターケアが必要な場合も、すぐに来院することができます。
「手軽に行える」。
性交渉はしなくてよいのであれば、外性器を作るだけでよいので、すぐに済みます。
「費用が高い」。
他の国で行うよりも、総じて高めになっています。
次に、海外の場合。
「技術が高い」。
特にタイでは、古くから性転換手術が行われているので、総じて技術は高めです。
「術式の選択肢が多い」。
反転法・S字結腸法・反転法と皮膚移植の混合法など多くの術式の中から、自分に合った物を選ぶことができます。
「母国語が違う」。
ある程度は、現地の言葉を覚えてから行く必要があります。

注目サイト

韓国語教室を東京で探す

最終更新日:2018/10/26